右送りボタン 左送りボタン

 

事業内容

先進的な検査を通じて最新の医療と研究を支援します

弊社は、LC-MS/MSを用いたステロイドホルモン測定法を数多く開発してきました。特に1. 単一試料からの多項目一斉分析法、2. エストロゲンの超高感度測定法、3. 僅か1 mgの毛髪(5本~10本の毛髪)から測定可能な毛髪中コルチゾール測定法等を開発し、従来測定が困難であった多様なマトリックス(組織、毛髪、唾液、尿および培養細胞など)中のステロイドホルモンの測定が可能となっています。これにより、医学研究、医薬品開発などの分野で必須の動物検体等のステロイドホルモン定量も可能です。また、近年では甲状腺領域にも注力し、LC-MS/MSによる甲状腺ホルモンやサイログロブリンの測定も行なっています。この他にもニーズに合わせたオーダーメイド的な測定やEIA法などの測定キットがある場合は、測定の代行も受託しております。まずは、お問い合わせください。 測定データの信頼性については、厳格な管理システムを導入し信頼性基準試験はもちろん、一般の測定においても厳格なクオリティーチェックの下、データを提供しております。