ホーム >  お知らせ > LC-MS/MS によるヒト末梢血中18-oxoF及び18-OHF測定法の開発
お知らせ
お知らせ

bannerArea

お知らせ

LC-MS/MSによるヒト抹消血中18-oxoF及び18-OHF測定法の開発を発表しました

2011年11月26日、第19回日本ステロイドホルモン学会学術集会にて「LC-MS/MSによるヒト末梢血中18-oxoF及び18-OHF測定法の開発」を発表しました。

本測定法は「原発性アルドステロン症の腺腫鑑別法及び18-oxoF,18OHFの測定法」として特許出願中であり、末梢血の18-oxoFの測定により、手術適 応症例の鑑別が可能ではないかと期待されております。

18-oxoFの誘導体化

結語:末梢血にて18-oxoFの測定が可能となった。

末梢血でAPAとIHAの鑑別が可能になれば、有用性は高い。

お問い合わせ
お電話でのご相談・お問い合わせは下記電話番号までお願いいたします。
☎ 044-812-8620

お電話での受付時間 8:30~17:00(土日・祝祭日・その他休業日を除く)

お電話番号はお間違えのないようにお願いいたします。


メールでのお問い合せはこちらの お問い合わせフォームから承ります。